ロバート・キヨサキ氏「世界史上最大の経済危機の前に、今すぐ暗号通貨に投資を」

ビットコイン
この記事は約3分で読めます。

ベストセラー「金持ち父さん貧乏父さん」で有名な著者、ロバート・キヨサキ氏は、世界史上最大の経済的クラッシュが到来すると予測し、投資家に今すぐ暗号に入るように促した。”今こそ暗号に参入する必要がある “と強調した。

ロバート・キヨサキ氏、今が暗号を買うべき時だと語る

ロバート・キヨサキ氏は、11日、「金持ち父さんコミュニティ」のメーリングリストの購読者達に、世界史上最大の暴落が訪れる前に、今すぐ暗号に参入する必要があると指摘したと伝えられている。

「金持ち父さん貧乏父さん」は1997年にキヨサキとシャロン・レクターが共著で出版した本だ。ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラーリストに6年以上ランクインしている。109カ国以上、51言語以上で3200万部以上販売された。

キヨサキ氏はメーリングリストの購読者に向けて、悲惨な予測を繰り返し、こう書いている。

私は世界史上最大の暴落が来ることを予言します

この有名な著者は、長期の景気後退について警告しているが、弱気相場は投資家が金持ちになるための最良の時期であり、全てが売りに出るからだと強調した。

彼のこの助言は、彼が好きな四字熟語は “sale” だと7月にツイートしたのと同様だ。有名な著者は、資産価格が暴落しており、”特に不動産とビットコインで掘り出し物を拾うためにキャッシュポジションをとっている “と説明した。

キヨサキ氏はまた、米ドルが暴落することで、政府によって管理されていない暗号通貨が主流に受け入れられるようになると警告した。連邦準備制度と財務省が米ドルを破壊していると指摘し、政府、ジョー・バイデン大統領、ジャネット・イエレン財務長官、連邦準備制度、ジェローム・パウエルFRB議長、また、ウォール街も信用していないと繰り返し述べた。

キヨサキ氏はこう強調している。

暗号通貨に参入するだけでは十分ではありません…今こそ、史上最大の経済クラッシュの前に、暗号通貨に入る必要があります。

キヨサキ氏はツイッターでも頻繁に予測や投資アドバイスを発信している。

12日、彼は株式、債券、投資信託、上場投資信託(ETF)、不動産が暴落していると付け加え、「(貧しい人々が)金持ちになる時だ」とツイート。同氏は、以前から予測していた通り、中間層が一掃されつつあると指摘した。彼の最新のツイートは、8月に彼が行った、すべての市場が暴落していると警告する別のツイートと似ている。その時は、暴落が予想されるものに銀とビットコインの市場も挙げていた。

キヨサキ氏はかなり前から投資家にビットコインを推奨しており、数カ月前から暗号通貨の価格が底を打つのを待ってから参入すると述べていた。BTCが11,000ドルを試すのを待っていることを明らかにした後、7月には暗号通貨を買うためにキャッシュポジションで待っていると発言している。

「金持ち父さん貧乏父さん」の著者は、BTCの他に、金と銀を推奨している。また、8月には経済学者のハリー・デント氏の話を聞いて、米国債2年物の購入について考えを改めたと述べている。「私は、FRBやウォール街が印刷したものには投資しない。心を開く時が来たのだ」と認めている。

16日、彼はこうつぶやいた。「銀は横ばいである。このまま3~5年は20ドルで推移し、その後100ドルから500ドルへ上昇する。銀は、貧乏人でも買うことができる。今すぐ銀を蓄えるのだ。」キヨサキ氏は以前、銀を今日最高の投資価値だと言っている。

Robert Kiyosaki Urges Investors to Get Into Crypto Now, Before Biggest Economic Crash in World History – Economics Bitcoin News
The famous author of the best-selling book Rich Dad Poor Dad, Robert Kiyosaki, has urged investors to get into crypto now.
タイトルとURLをコピーしました