ビットコイン(BTC)

  1. ヴァンエックCEO、米国政府の閉鎖影響でビットコインETFの申請を自ら取り下げ

    注目されていたCboe取引所へのビットコインETF上場の申請は水曜日に取り下げられた。長引く米国政府機関の一部閉鎖が原因だと見られている。このETFはヴ…

  2. オーストラリアのビットコインATM、1週間で3900万円の売り上げ

    オーストラリアのビットコインATMを取り扱う企業は、現状、仮想通貨市場が弱気であるにもかかわらず、毎週50万豪ドル(およそ3,900万円)の売り上げを記録した。…

  3. ビットコイン、フランスのタバコ店で販売開始

    フランスの首都パリで少なくとも24のたばこ店がビットコインクーポンの販売を開始した。「tabac(タバ)」という名称で広く知られている店舗は、昨年末に仮…

  4. ロシアがまもなくビットコインに大規模投資を行なう可能性がある

    ロシア政府に近しい国家行政管理学院のVladislav Ginko氏は、米国の新たな経済制裁を回避する方法として、ビットコインに大規模な投資すると予想しており、…

  5. 4,000ドル付近をさまようビットコイン価格、どちらへ動くか?

    今週月曜、アジアとヨーロッパの市場は取引が落ち着きを見せたため、ビットコイン価格大きな下落を見せず、かろうじて横ばいを保った。ビットコインと米ドルのペア…

  6. ビットコイン数分で5%急上昇、今月はさらに大きな上昇があるか?

    7日未明、ビットコインの価格はクリスマスイブ以来、初めて気持ちよく4,000ドルを突破し1日で6%急上昇。一時4,070ドルを付ける取引所もあった。しか…

  7. 凄腕トレーダーのマーク・ダウ氏「ビットコインが3190ドルを割ったら要注意」

    ビットコインが最高値を付けた2017年の12月から直近の底値まで、見事にショートポジションを取った凄腕トレーダーのハナシは先日このブログでご紹介した。…

  8. 承認待ちのBakktビットコイン先物取引にまもなく出るGOサインと有名トレーダーが考える今後の見通し…

    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、現物のビットコインを担保にするBakktのビットコイン先物取引が、当局からOKサインを得られるのはもう…

  9. ブライアン・ケリー氏「ほぼ底に入っているがまだショートだ」

    デジタル資産投資会社BKCM LLCの創設者兼CEOであり、CNBCの番組内でビットコイン強気派として知られているブライアン・ケリー氏は、伝えられることによれば…

  10. ビットコインの最高値からショートしていた凄腕トレーダー、ポジションを閉じたと報告

    元IMFのエコノミストであった投資家の脅威の的中トレードが話題をよんでいる。仮想通貨市場は最近反発気配を見せ、3日連続で上昇している。昨年の12月、ビッ…

新着記事

ビットフライヤー
bitbank(ビットバンク)なら仮想通貨を貸して増やせる!1年間最大年率5%!

アーカイブ

  1. 仮想通貨全般/経済

    Zaifがハッキングで67億円の被害 – 利用規約を前日に更新してい…
  2. ビットコイン(BTC)

    中国三大ビットコイン取引所、手数料導入で取引件数急減 でも価格は安定?
  3. ビットコイン(BTC)

    トム・リー氏「ビットコインの市場占有率が回復してきている」
  4. アルトコイン

    新仮想通貨「スチーム」が急騰、過去2週間で1000%超
  5. アルトコイン

    イーサリアムの価格が9ヶ月ぶり安値を更新
PAGE TOP