仮想通貨全般/経済

  1. インド仮想通貨取引所、あいまいな規制の中でも記録的な取引量を記録

    インドの中央銀行による規制の不確実性と銀行からの制限にもかかわらず、インドの仮想通貨取引所は毎月記録的な取引量を記録しているという。 WazirxのCE…

  2. 弱気市場のNYダウ、ホワイトハウスが投資家を楽に出来なかったワケ

    先週NYダウは世界的な経済不安と今後の不透明性を背景に23,970ポイントから21,846ポイントまで急激な売り高を記録した。日本の株式市場もこれに引き…

  3. 仮想通貨市場の時価総額10日間で450億ドル上昇、これは底が近づいているサインなのか?

    12月15日以来、10日間でビットコインは一時4,200ドルに達したことで、仮想通貨市場は450億ドルの時価総額の上昇に繋がった。多くのアナリス…

  4. GMOインターネット、仮想通貨マイニング事業で355億円の特別損失、マシン販売からは撤退するもマイニ…

    GMOインターネット株式会社(東証:9449)は25日、自社のホームページにおいて仮想通貨マイニング事業における特別損失計上を発表した。当社は、 本…

  5. ビットコインの最高値からショートしていた凄腕トレーダー、ポジションを閉じたと報告

    元IMFのエコノミストであった投資家の脅威の的中トレードが話題をよんでいる。仮想通貨市場は最近反発気配を見せ、3日連続で上昇している。昨年の12月、ビッ…

  6. 弱気市場でも生き延びる仮想通貨マイナー達

    現在の仮想通貨の弱気市場では、マイニング機材の減価償却費によってマイナニング事業の収益は暴落し、多くの事業が苦戦を強いられている。場合によっては完全に事業をたた…

  7. 金融庁、仮想通貨から「暗号資産」に名称変更

    金融庁はビットコインをはじめ、インターネット上で扱われる仮想通貨の名称を「暗号資産」に改めると発表した。改称の明確な時期は決まっていない。今まではネーロ…

  8. Bakktに興味を持つ企業はスターバックスだけではない。リップルは宇宙に風穴を

    BakktのCEOであるKelly Loeffler氏は、今後予定されている仮想通貨取引所に興味を示しているのはスターバックスだけではないと述べている。…

  9. ビットコイン今年最安値の3200ドルまで一時下落。衰退の原因は何なのか?

    13日未明、ビットコインは3,200ドルのエリアから大きな売り物が続き、年初来最安値の3200ドル付近まで下落した。ビットコインが値下がりしたため、イー…

  10. サムスンは時期S10シリーズに仮想通貨のコールドウォレットを組み込む予定

    エレクトロニクスの巨大企業であるSamsung(サムスン)のオンラインコミュニティであるSamMobileによると、サムスンは今後のGalaxy 10(ギャラク…

新着記事

アーカイブ

PAGE TOP