SO2

経済/社会

中国で二酸化硫黄の上昇を確認、武漢で大量の火葬を行った可能性

台湾ニュース(Taiwan News)は、Windy.comに掲載された大気の流れを示すマップで、新型コロナウイルスの震源地である武漢周辺で二酸化硫黄(SO2)レベルが上昇していることが確認できることを明らかにした。 しかもこれは、コロナウイルスの感染により、亡くなった犠牲者の火葬を行った可能性があるとしている。 9日に、Windy.comで指摘のマップの画像がソーシャルメディアに紹介...
タイトルとURLをコピーしました